その4、長・イ・エ音の利用

咲良式ではV式のような長・イ音略を使っています。

図の通り。
長イ音.jpg

ア列は基本イ・エ音に変換します。
アイ・カイ・サイ・タイ・ナイ・ハイ・マイ・ヤイ・ライ・ワイ(イ音はエ音にも可)

イ列は長・エ音
イー・キー・シー・チー・ニー・ヒー・ミー・リー(長音はイの音なので、エ音にも可)

ウ列は長音
ウー・クー・スー・ツー・ヌー・フー・ムー・ユー・ルー

エ列は長・エ音
エー・ケー・セー・テー・ネー・ヘー・メー・レー(長音はイの音なので、エ音にも可)

オ列は長音
オー・コー・ソー・トー・ノー・ホー・モー・ヨー・ロー

そして特殊な伸ばしとして、
ア列長音は定点・変転ラ略を長音に変換。
アー・カー・サー・ター・ナー・ハー・マー・ヤー・ラー・ワー
(アラ・カラ・サラ・タラ・ナラ・ハラ・マラ・ヤラ・ララ・ワラ)

ウ列イ音
ウ列+撥音+下加点
ウイ・クイ・スイ・(ツイ)・ヌイ・フイ・ムイ・ユイ・(ルイ)
※ツイ・ルイは専用字あり

オ列イ音
オ列+撥音+下加点※つまりウ列イ音をオ列にするとこれになります。
オイ・コイ・ソイ・トイ・ノイ・ホイ・モイ・ヨイ・ロイ

その3、長イ音・ン・加点後の続けてR系

連綴が途切れる後のR系には、少し特別な書き方があります。

もちろん、2音以降Rのまんま書いても問題は無いですが、ストロークが増えるので特殊な書き方で少々減らしていきます。
流し後R.jpg
これらはすべて、流し後または加点位置よりかけます。
いずれも、短線(等倍線の半分)で書きますが、カギがつくのは等倍線になっても読めると思います。

ちなみに、
◯ーRー
などの、長音続きは、基本+R跳ね+イ交差で表します。
長音+R長.jpg
このイの後は、普通に連綴します。